学校法人 富田学園 岐阜東中学校

学校見学会申込みページ

学校トピックス

世界の恒久平和に貢献したい

2019年11月19日

― 被爆75周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典生花パネルデザイン ―

入賞 5年A組 藤田真悠子

 「私のデザインに込められた思いが伝わったのかと思い,とても嬉しいです。式典会場に展示され,国の内外を問わず多くの人に見ていただけることを,心から光栄に思います。」とは,受賞者の弁です。

 では,デザインに込められた藤田さんの思いを,みなさんに紹介します。

毎年8月9日に行われる長崎の平和祈念式典。核兵器廃絶を訴える被爆者の方々の「平和への誓い」が心に深く残ったことから,「何か出来ることはないか」と長崎市のHPにアクセスしました。
 長崎はかつて,被爆後約70年は草も木も生えないだろうと言われていた街でした。しかし,長崎の人々は,もう一度美しい街を築き上げることに尽力し,故郷を取り戻しました。
私がデザインの原案にしたのは,この復興を象徴する「アンゼラスの鐘」です。原爆の地獄からの生活再建を目指す人々の強さ,被爆を風化させまいという信念を私は感じました。「核兵器は絶対悪」ということを,世界共通の認識にできるように私自身も貢献していきたいと思います。

anzeras.jpg

連合音楽会

2019年11月11日

11月7日(木):2年生が連合音楽会に出場しました。
 1か月以上前から、中庭に美しい歌声が響いていましたが、上級生は懐かしい思いで、日に日にうまくなっていくのを楽しみに聞いていました。
 前日6日の全校発表では、緊張していたかもしれませんが、堂々とした発表で女声の美しい声、男声のしっかりとした響きが調和し、素晴らしい合唱でした。

 本番の市民会館では、どの中学も70~80人の大編成で、迫力に圧倒されましたが、本校の番になり、ステージで演奏が始まると観客がはっとするのが感じられました。人数は少ないけれど、それを感じさせない、力強く美しいハーモニーが響いていました。練習の時よりもずっと一体感がありました。
 講評でも、高音の美しさ、それを支える低音の確かさをほめていただきました。
 2年生は、大きな山をみんなで越え、またひとつ成長しました。

1.jpg

芸術の秋  ~キラリッと輝く才能~

2019年10月30日

 生徒たちは勉強の傍ら、それぞれの持つ無限大の才能を開花させています。

≪第41回全国公募千字文大会 毛筆の部≫
    特選 近藤 美怜 (6年)
≪第87回全国書画展覧会 書写の部≫
    金賞 岩下 彩華(3年)
       佐田 理彩子(2年)
≪令和元年度 芭蕉蛤塚忌全国俳句大会≫
 高校の部 佳作 間合 美友(4年)
           ビー玉を透かして見れば夏の色
         柴田 陸叶(4年)
           いちじくの大葉で隠す恋ひとつ
         平光 美愉(4年)
           置きざりの君の眼鏡やレモン水

 中学校の部 特選  井出 宗佑(3年)
           風鈴や笑顔絶えない祖母の家
       入選  中田 進之介(3年)
           やうやうと落つる陽の中さえずれり
            山本 拓実(3年)
           早朝の氷柱折りゆくランドセル
 

過去の記事はこちら

PICK UP

いじめ防止基本方針 大学合格実績
学校見学会のご案内 入学試験のご案内
富田学園教職員採用のご案内 寄付金募集のご案内
学校において予防すべき感染症への罹患報告書  

学校紹介ビデオ

ページの最上部へ

PC用サイト