岐阜東高等学校は、民主的かつ文化的で、創造性に富む積極的な人材、国際感覚豊かな人材の育成をめざしています。

卒業後の進路

header

進路指導

学習指導の特徴

ほぼ全員が大学進学を希望し、進学先は東京大学を始め、4年制大学進学者が約9割を占めています。授業は1限50分を7時間行い(1年生全員と2・3年生蛍雪コース)、習熟度別授業も導入、土曜日は隔週で授業を行っています。授業を第一に考えて分かりやすく楽しい授業にするべく努力し、生徒の声を改善に生かすため授業改善アンケートを実施しています。

各教科の補習を早朝・放課後に実施し、サテネット教室(個別ブース30席で視聴)で駿台予備学校のオンデマンド授業を5教科受講できる(受講料不要、テキスト代のみ必要)など、個々の状況に合わせた学習環境も充実させています。定期考査や外部模試のほか、計画的な月例テストで基礎学力の向上を図るとともに、学習習慣や生活習慣の指導にも力を注ぎ、夢の実現に向けて全力でサポートしています。

進路指導の特徴

生徒の希望・能力・適性に応じた進路指導を実施するため、各学年に応じたきめ細く体系的な進路指導体制で夢の実現をサポートします。

進学の手引き 各学年ごとの進路マップ
毎年7月の三者懇談時に進学の手引きを発行しています。大学進学に関する様々な情報を掲載している便利な冊子です。卒業生の大学合格体験記は貴重なアドバイスが豊富です。 各月ごとにテスト・進路行事・LHR計画・学習と生活のポイントがまとめてあり、教室や廊下、各家庭にも掲示しています。学習計画や進路研究の道しるべとなる進路指導のシラバスです。

1年生の進路指導

学習習慣・生活習慣を身につけるために

①「スタディサポート(ベネッセ)」を4月と10月に実施して、学習生活習慣と英数国の幅広い基礎学力を半年ごとにチェックします。3年生4月までに計5回実施するので推移が把握できます。
②学習習慣・生活習慣指導の実施。「学習と生活の記録」を使って、定期考査2週間前から学習習慣と生活習慣を毎日自分で振り返り、担任のアドバイスを得て、習慣改善の機会としています。3年生前期末までに計12回実施します。
③外部講師をお招きし、進路講話「大学受験をめざすための学習・生活習慣(ベネッセ)」を6月に実施しています。

学力向上のために

①「進研総合学力テスト(ベネッセの外部模試)」を年3回受験し、英数国の標準〜応用力を向上させます。
②「定期考査」以外にも「月例テスト」や「課題テスト」・「実力テスト」を実施して、学習内容の定着と学力の向上を図っています。
③「サテネット」(駿台予備学校の衛星授業を視聴できる個別ブース)がテキスト代のみで後期から利用できます。

文理選択を考え自分のあり方を見つめるために

①「進路適性検査」を9月に実施し、文理選択を客観的な視点からサポートしています。
②「文理選択説明会」(進路全体指導)を10月に実施しています。
③「3年生と語る会」を10月に実施し、先輩たちから文理選択や高校生活のアドバイスをしてもらっています。

キャリア観を育むために

「キャリアセミナー」(講演「社会で求められる力とは」、リクルート講師)を2月に実施し、社会人にはどんな能力が必要かを学び、高校生のうちから実行できることを考えます。

学習と生活の記録 進路情報室
学習習慣と生活習慣の改善は、個々の努力だけでは結構難しいものです。そこで定期考査ごとの機会に、担任や友人とともに改善を工夫できるよう、学校全体でサポートしています。 生徒が自主的に進路研究ができる環境を整えており、多くの大学案内や入試過去問、大学の学部学科研究資料を取り揃えています。個別ブース型の自習机ス
サテネット教室 キャリアセミナー
駿台予備学校のオンデマンド授業(5教科)を視聴できる個別ブースが30席あります。朝夕に学習したい内容を何度でも自分のペースで使うことができるので、部活加入者にも好評です。 大学受験のことだけではなく、もっと先の人生を見据えて考えるための進路行事です。大学生・社会人として、イキイキと活躍できる人になるために大切なことを学びます。

2年生の進路指導

学力向上のために

①「進研総合学力テスト(ベネッセの外部模試)」を年3回、センター試験早期対策模試(ベネッセの外部模試)を年1回受験し、5教科の標準〜応用力を向上させます。
②「定期考査」以外にも「月例テスト」や「課題テスト」を実施して、学力の定着を図っています。
③「サテネット」(駿台予備学校の衛星授業を視聴できる個別ブース)がテキスト代のみで利用できます。
④前期補習・夏期補習・後期補習を、放課後に3教科で実施しています。
⑤外部講師をお招きし、進路講話「受験生になるために今やるべきこと」(ベネッセ)を10月に実施しています。

大学の学部学科についての進路研究を深めるために

①「学部系統別ガイダンス」を6月に実施し、難関・有名私立大学の職員の方10名程度に、各学問分野ごとに説明をしていただきます。
②「卒業生と語る会」を8月に実施し、国公立・難関・有名私立大学の現役大学生10数名から、アドバイスや大学生活について聞きます。
③「大学出張講義」を11月に実施し、国公立・難関・有名私立大学の教授の方10名程度に、90分の大学の専門講義をしていただきます。
④「第一志望校合格宣言」を12月の三者懇談前に行い、志望大学合格のために必要なことを考えて行動につなげ、大学受験生としての高い意識を持たせます。

進路講話 学部系統別ガイダンス
各学年で年1回、外部講師をお招きして進路講話を行なっています。具体的なお話から刺激を受けて、今の高校生活を見つめ直し、学習・生活・進路研究の面での改善を図る機会にしています。 学部系統ごとに学べる内容や将来の職業や資格取得などについての説明を、中央大・法政大・明治大・南山大・立命館大・愛知大・名城大などの入試課職員をお招きして実施しています。
卒業生と語る会 大学出張講義
東大生・名大生・岐大生・岐薬大生・県看大生など、憧れの大学に進学した先輩を各クラスに招いて、高校生活や大学受験へのアドバイスをもらったり、大学生活の様子を話してもらいます。 大学教授による90分講義で大学を実感し、普段の勉強姿勢にも刺激を受けます。名古屋大・岐阜大・名古屋工業大・愛知県立大・三重大や難関・有名私大などから教授をお招きします。

3年生の進路指導

志望大学に合格するために

①外部講師をお招きし、進路講話「大学入試の現状と対策」(河合塾)を5月に実施しています。
②進路全体指導「本校における昨年度大学入試と受験戦略」を7月に実施しています。
③「外部模試」(マーク式と記述式)を年10回、その他にも希望者受験の外部模試を多数、受験しています。
④「サテネット」(駿台予備学校の衛星授業を視聴できる個別ブース)がテキスト代のみで利用できます。
⑤前期補習・夏期補習・後期補習・冬期補習・センター前補習・入試対策補習を、早朝や放課後に5教科で実施しています。
⑥「面接セミナー」やその後の個別面接指導を実施し、推薦入試や国公立大二次試験での面接試験対策をしています。
⑦「志望理由書サポート講座」を実施し、目的を明確にして進路意識を高めるとともに、国公立大学や難関・有名私大の推薦入試対策をしています。

センター試験激励会 志望大学合格へ!
例年9割以上の3年生が受験する大学入試センター試験。前日には受験者全員が集まって、校長先生から激励をいただき、明日の注意事項を確認します。試験当日は教職員も応援に駆けつけます。 本校の職員玄関には、両側一面に大学合格者の氏名と大学名を掲示しています。毎年ほとんどの生徒が掲示を希望し、後輩が先輩の努力の成果を感じとる、良い進路研究の場になっています。

保護者の方をサポートするために…

大学受験生の子をもつ保護者の方をサポートするために

①授業参観、学級懇談会、三者懇談(7月・12月)を実施しています。懇談時には豊富な進路資料を取りそろえています。
②保護者の方対象で大学見学会を実施し、大学説明・本校卒業生との座談会・学食体験・キャンパスツアーなどの充実した内容で大学理解を深めています。
③年3回、保護者の方のみ対象で外部講師をお招きして進路講話を実施しています。1年生では「親と子のコミュニケーション」、2年生ではファイナンシャルプランナーによる「大学進学マネープラン」、3年生では就活情報サイト(マイナビ)による「昨今の大学生の就職環境について」という内容です。
④年3回、生徒・保護者の方対象で外部講師をお招きして進路講話を実施しています。1年生は「大学受験をめざすための学習・生活習慣」、2年生は「受験生になるために今やるべきこと」、3年生は「大学入試の現状と対策」という内容です。

大学見学会① 大学見学会②
保護者の方で活動する育友会文化委員会と協力して毎年実施しています。これまでに名古屋大学・南山大学・同志社大学・立命館大学・滋賀県立大学などを見学しました。 キャンパスツアーでは、大学職員・大学生・卒業生に案内をしていただいて、少人数のグループごとで見学をしています。1時間ほどかけて広い大学キャンパスを散策します。
大学見学会③ 進路講話
大学在学中の本校卒業生を囲んで、少人数グループでの座談会を行なっています。大学進学や大学生活のことなど、具体的に話し合えるので好評です。 外部講師をお招きする進路講話は、6種類の充実した内容で実施し、毎回多数の保護者の方に参加していただいています。各学年の各時期に適した内容が好評です。

footer

pagetop