学校トピックス

学校トピックス

芸術鑑賞

2018年10月19日

2018.10.16:今年の芸術鑑賞は、本校講堂に劇団 民話芸術座に来ていただき行われました。
生徒たちが文化祭の発表で使う講堂のステージですが、プロの劇団の手で、「森の妖精 キジムナーの約束」の世界へとすっかり変わってしまいました。
 6人の役者さんが演じているとは思えない素晴らしい舞台で生徒たちも、引きこまれて観ていました。涙を抑えられない場面もたくさんありました。感動し、多くのものを一人ひとりの心に残す、素晴らしい舞台でした。ありがとうございました。

〈生徒の感想より〉
 戦争で家族を失うつらさを改めて感じました。私たちは戦争を経験したことはないけれど、今戦争が起きたら・・・  なんと考えると胸が苦しくなります。
 その状況の中で一人生き抜いたわたるはすごいと思いました。キジムナーのおかげでひとりぼっちだったわたるにも友達ができ、とても心のあたたまる話だなと思いました。

 6人であれだけ多くの役を演じていたなんて考えられません。最後に全員の役者さんが出てきたとき、本当に驚きました。役ごとに声が全然違ってすごいなと思いました。


 講堂の狭い空間で演技なさっていたので、一人ひとりの息づかいや声のトーンに臨場感があり、本当に沖縄の森に自分がいるかのような気持ちになりました。特に、わたるの家族が銃で撃たれ、もがき苦しむシーンではその臨場感、切迫さが肌で感じられました。

 役者さんたちの迫力のある素晴らしい演技に感動しました。裏方であっても、背景の切り替えの素早さであったり、フクロウをあんな形で登場させるという素晴らしいアイデアであったり、照明、音響であっても、僕らも文化祭で劇の経験をしたことがあるからこそ、僕らには到底及ばない境地だと実感しました。

DSC_00162.JPG P1010233.JPG P1010235.JPG

学校トピックス | 学校概要 | 学校生活 | 卒業後の進路 | 受験生の方へ | 保護者のみなさまへ | 交通アクセス
お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ